千葉のガス事情と今後の動向

知っておきたい!千葉のガスについて

いよいよガスの自由化が始まりました。これからは、自分たちでガス会社を選んでいくことになります。新しい会社を選択するか、今までと同じガス会社を利用するか悩みますよね。今回は、千葉のガス事情について紹介していきたいと思います。

そもそもガスの自由化ってどういうこと?

家庭で使用できるガスには、都市ガス・簡易ガス・LPガスの3つの種類があります。都市ガスはガス導管を通してガスを家庭に送るシステムになっており、今回新しく自由化されたのはこの都市ガスです。都市ガスは、以前は大手ガス会社が地域独占していました。簡易ガスは70戸以上の団地などの敷地内にガス発生装置を置くことで、ガスを各家庭に届けます。LPガスはガス会社の人がLPガス入りのボンベを家庭に届けることでガスを使用できるようになる、というものです。LPガス会社は以前から自由に選択することができます。千葉県には千葉県LPガス協会というものが存在し、LPガスを各家庭に安全に届け、また災害時にも活用できるよう安定した供給を心がけています。

都市ガスとLPガスの違いとは?

都市ガスとLPガスはどちらも自由化されていますが、それぞれに違いがあります。都市ガスの原料は天然ガスで、LNGタンカーという船で日本まで運び、気化・臭化といった工程を経てガス管を通して各家庭に届けられます。天然ガスはブルネイ、マレーシア、オーストラリアなど様々な国から輸入していますが、日本でもわずかに天然ガスをとることができます。千葉県で天然ガスがとれるのは、千葉県東部にある芝原市・山武郡・長生郡などです。芝原市には、精巧な作りのガス井戸があります。LPガスの場合は、LPガスを陸揚げ後ボンベに充填して家庭へと供給されます。また、都市ガスは空気と比較すると軽く、LPガスは空気に比べ重いという違いもあります。

ガスの料金サービスは今後どうなっていくの?

都市ガスの自由化により、千葉のガス会社では様々なサービスが打ち出されると考えられます。例えば、電気とセットでガスを購入することにより料金が安くなったり、2年・3年と長期契約を行うことでお得な割引がついたりと、今後様々な料金プランが出てくると予想されます。また、LPガスについても、今までは価格競争は行われていませんでしたが、都市ガスの自由化に伴い何らかの動きを見せるかもしれません。千葉県のLPガスの基本料金は平均で1708円(2017年2月時点)となっていますが、利用者を確保するためにも新たなプランを考える可能性があります。このように様々な展開が予想されますが、あらゆるガス会社を比較し、自分達の家庭に合ったガスを選んでいきましょう。